勤務地 給与 maru
気力・体力が続く限り、現役で頑張りたいですね

ドライバー・指導班長運転士正社員・ナイト勤務先輩社員の声

1998年12月/平塚営業所/Iさん

先輩社員の声

指導班長としての心構え

タクシーを運行する傍ら、指導班長として教育に携わっています。
基本的には班長がいるのでそちらに任せ、その上で客観的に見て気づいた部分をフォローするのが私の役目。

例えば研修で色々な先輩に教わっていると様々な考え方に触れて、混乱してしまう人もいるんです。
10人いれば10通りの考え方があってどれも正解なんですよね。
けれど慣れないとやはり迷ってしまうので、そんなときには解消の手助けとなるようアドバイス。
班長とは違った視点で全体を見るよう心がけています。

教えているときに心がけていること

お客様の命を運ぶ仕事ですから、まずは事故を起こさないこと。
これを徹底するよう指導しています。

安全運転には健康管理も重要です。
しっかり食べてよく眠る。
そして気分転換も大事な要素です。
待ち時間が長いので、ここをいかに有効活用するか。
空いている時間に効率よくリフレッシュして、お客様をお乗せしたら運転に集中する。
メリハリよく働くのもポイントだと伝えています。

こんな方にオススメします

好奇心旺盛で何事にも真剣に取り組む人は、成功するのではないかと思いますね。
お客様への対応一つとっても、なぜ? どうして? と考えながら最適なサービスを提供するのと、なんとなく目的地までお送りするのとでは全然違います。
「また乗りたい」と思っていただくことで、仕事も売上も安定し良いサイクルにつながっていくはずです。

売上の良いドライバーがいたら行動を見つめてみると、効率の良い働き方をしていたり、穴場を知っていたりするもの。
何事にも興味を持って追求し、真剣に色々なことへトライしてみるといいと思います。

応募を考えている方へのアドバイス

私は、「わからないことは素直にわからないと言って良い」と伝えています。
それが言えないがために、遠回りになったり、場所が違ったり、料金トラブルになったりしてしまうのです。

タクシーは接客業と言っても、運転中はお客様と顔をあわせません。
バックミラーでわずかに見える様子や声のトーンで、お気持ちを判断しなくてはいけない場面も多々あります。
少しでも不安を感じたら、きちんとお客様に確認するよう心がけてください。

メッセージ

長年この業界にいて、時代の変化を見てきました。
昔は60歳が定年でその後は余生を楽しむという感じでしたが、今はみんなまだまだ元気に働けますよね。
タクシーも、体力や気力さえあればいくつになっても十二分に活躍できると思っています。

以前は朝早くから夜中まで働くのがタクシーの勤務スタイルでしたけど、今は色々な働き方があります。
私も生涯現役を目指して、健康に配慮しながらこの仕事を楽しみたいと思います。

JOB FAIR

毎月定期的に会社説明会を開催しております。詳細は「会社説明会情報」をご覧ください。
またお仕事等により説明会の日時にお越しいただくのが難しい場合、個別説明会も対応いたします。

PAGE TOP